ヒフミドの魅力とは?セラミド化粧品と言えばヒフミド!?

ヒフミドの最大の魅力は、やっぱりヒト型セラミドが高配合されているという所ですね。

超有名製薬会社の小林製薬が作った化粧品っていうのも魅力です。もの凄い徹底した管理で作られていそう。

肌に優しいのもいいですね。

ヒフミドの魅力1・セラミド

ヒフミド最大の特徴、ヒト型セラミドはどのように良いのか?

セラミドは肌表面の表皮の中の一番外側の細胞と細胞の間←よくわからないw

とにかく肌の表面で細胞と細胞の隙間にある、細胞間脂質の大半を形成しているのがセラミドっていう成分なんです。←難しい。

だから簡単に言えば、セラミドは肌表面の脂質っていう感じです。

だから保水出来るんでしょうね。ただの水分だったらすぐに乾いちゃいます。

しかも肌表面の細胞間脂質は紫外線とか乾燥からお肌を守ってくれているんです。

美容に関して、セラミドがどれほど重要かわかる気がしますね。

ヒフミドの魅力2・肌に優しい

ヒフミドは低刺激にこだわって作られています。

クレンジング

最初に使うクレンジングからしても優しいです。成分はもちろん。ミルクタイプのクレンジングで、使い心地が滑らかです。

オイルタイプの強いクレンジングのように、セラミドをそぎ落としたりはしなそうなくらい優しいです。

セラミドは脂質ですよね。オイルクレンジングの様な強いもので擦ると、化粧の油と一緒にセラミドも流してしまうんです。←これが大問題。

自分から乾燥肌になろうとしているようなものです。

脂質なので、オイルクレンジングでも、熱いお湯でも、溶け出してしまいます。

本当にセラミドの重要さがわかっているなら、ミルクタイプの優しいクレンジングを使って、洗い流す時もぬるま湯か水を使います。

だから必然的に、強い洗浄力が無くても落とせる、薄化粧になっていくんですね。年齢を重ねて厚化粧しちゃっている方は超要注意です。

石鹸

こんな感じで石鹸も優しいです。

めちゃめちゃ泡立ちが良くて、素手で泡立てるだけできめ細かい泡がたっぷりと出来上がります。泡立てネット不要です。

この泡がまた優しいです。ヒト型セラミド配合の石鹸なので、洗顔して汚れを落とすと同時にセラミドを補います。これは良いですよ。クレンジングにもヒト型セラミドが入っています。化粧水を付ける前に、いつの間にかセラミドが浸透しています。

洗いあがりはしっとり。脂質ごと根こそぎ落としてしまうわけではないので、肌はツッパルことなく、潤った洗いあがりです。

化粧水・クリーム

このヒフミドシリーズの中心!エースの2つです。

口コミも物凄く良くて、満足度も高い大人気の化粧品です。

小林製薬の高い技術力で、溶けにくいセラミドを、化粧品にたっぷりと配合することが出来たみたいです。

特にクリームの、ヒト型セラミド4%配合というのは、信じられないほどの高配合らしいですよ。

  1. ヒト型セラミド
  2. 高配合

この2つはセラミド化粧品を選ぶうえで特に重要な要素です。ヒフミドは軽くクリアしてしまいます。

あまり効果のない、合成セラミドや疑似セラミドもありますからね。選択には注意です。

セラミド化粧品と言えば、ヒフミドと言われるのもわかる気がします。

他にもヒフミドのラインには乳液や下地など、いろいろありますが、どの商品にもヒト型セラミドが配合されているっていう、こだわりと力の入れようです。

自分の肌にはセラミドが足りないんじゃないか?と思ったら、迷わず試してみてください。

いつまであるかわかりませんが、今だったらトライアルセットがありますので。

まさかの980円で、クレンジング、洗顔せっけん、化粧水、クリーム、化粧下地日焼け止め、おまけのバッグが付いています。

肌に合わないときは、返品、返金も出来ます。980円だったらまあいいですよね。

小林製薬が作った化粧品というのも魅力的です。

ただでさえ厳しい日本の基準の中でも、さらに厳しい製薬会社品質で作られているので、肌に塗っても不安になりません。

やっぱり化粧品は日本製が良いと思いませんか?

無添加なので敏感肌でも大丈夫です。

ヒフミドはセラミド不足で乾燥してしまっている肌の人にピッタリの化粧品です。お安くお試しできる今がチャンスですよ。